絞り込み検索


    curtains
    curtains

ジラフ Giraffe

緻密な杉綾模様の縦ストライプ柄リネンカーテン

杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例1 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例3 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例4 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例5 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例6 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例7 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本 施工実例8

リネン100% / 日本製
¥ 15,000 ( 税別 ) 〜

生地の質感

生地の質感 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン

紳士的な雰囲気の杉綾模様ストライプ

ヘリンボーン織りは、魚のニシンの骨を並べたような模様が浮かび上がる織り方で、日本では杉の葉の形のように見えることから「杉綾模様」とも呼ばれます。 リネンの原料になる植物が持つそのままの自然の色「生成」をベースにして、先染め糸で織り上げたスタイリッシュな色の組み合わせ。 縦方向に走るヘリンボーン織りの縦ストライプは、一見すると存在感がありますが、光を透過した姿は上品で落ち着いた仕上がりです。 落ち着きのある紳士的な雰囲気は、大らかなリネンの繊維感も相まって、ナチュラルモダンな印象でお部屋を引き締めてくれます。

生地の質感 杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン

異なる素材とのMIX感が引き立つ、緻密なデザイン

ナチュラル感が魅力のリネン素材ですが、複雑な組織で織り上げられたシャープな印象のこの生地は、コンクリートやタイルのような無機質な素材にも似合います。 アンティークの道具やヴィンテージ感のある内装。インダストリアルな雰囲気のある無骨なアイアン素材や配管。 異素材の混ざり合う空間に天然繊維の麻素材がそれぞれの要素を整え、クールで魅力的な空間を演出してくれます。 無機質なお部屋にもほっと安心するひと時を加え、MIX感のある男前なインテリアに欠かせないカーテンとなってくれます。

生地の透け感

透け感ランク

それほど太い糸ではありませんが密度が高いので、中厚手のしっかりしたリネン生地です。夜間もしっかりとプライバシーを守ります。昼間は天然繊維ならではのやさしい光の透過で、明るい空間をつくります。寝室やプライベートなお部屋のドレープカーテンとして、お部屋の主役になってくれます。

 

生地の色み

昼と夜を表すような、対比的な生成と紺色

しろ色は光を通して程よい明るさにしてくれるので、リビングや書斎など、お部屋を選びません。紺色の糸は少し光を遮るので程よい暗さにしてくれ、寝室などにお勧めの色彩です。

杉綾模様のストライプ柄リネンカーテン 生地色見本

 

リネンとフラックスとは

ヨーロッパの伝統的な高級繊維

  • リネンの原料はフラックスという植物です。
  • フランス、ベルギー、オランダなどヨーロッパを中心に寒冷の土地で生育します。
  • 草丈は80cm 位の一年生の亜麻科の草木であり、淡紫色の五弁の可憐な花が咲く植物です。
  • 麻は表面がザラザラ・チクチクとした肌への刺激を想像されますが、リネンはソフトでしなやか。ラミーに比べて毛羽立ちが少ないのが特徴です。

▶︎詳しくは「素材について」

  

製造と縫製 Made in JAPAN

日本で織られた生地

  • 麻織物産地として歴史の古い滋賀、ものづくりが盛んで高度な技術が残る静岡など、すべての生地は日本でつくられています。
  • natsusobikuの扱う麻はとても繊細な繊維のため、布を織ることは簡単ではありません。繊細な麻糸を綺麗に織り上げる高度な技術と、多湿な気候などの環境が整う、限られた産地で製造されています。

日本で縫製した製品

  • 国内の産地で織られた生地は、主に栃木県那須塩原の加工所にてカーテンへと縫製されます。
  • やわらかく繊細で、ゆがみなどが起こるため、高い技術と経験が必要とされる天然繊維のリネンの縫製。長い経験とインテリア縫製に特化した設備が整う専用工場で、職人たちがひとつひとつ丁寧に仕立てています。

How to order

オンラインショップからの購入

ご注文サイズや仕様が明確な方はオンラインショップから、そのままご注文いただけます。1・2窓程度のご購入や、カーテンのオーダー経験のある方はこちらをご利用ください。

オーダー手順を確認する

STEP1.スタイルをご選択

まずはカーテンの上部スタイルをご選択ください。

  • フラットスタイル

  • ワンプリーツ

  • 1.5倍プリーツ

  • 2.0倍プリーツ

  • プレーンシェード


スタイルの特徴について

フラットスタイル
まるで1枚の布をかけているかのような自然体のカーテン。生地の使用量が少ない最もシンプルなタペストリー状のスタイルです。天然素材の持つ魅力的な風合いを最もシンプルに引き出すスタイルです。
ワンプリーツ
一つ山をつまみ、ヒダのボリューム感を抑えたカーテン。見た目はフラットスタイルに近い印象ですが、ヒダをとることで生地が前面に押し出されるのを防ぎます。マンションなどに多いカーテンボックスではこのスタイルがお勧めです。
1.5倍プリーツ
市販のカーテンによく見られるベーシックなカーテン。上部に二つ山のヒダをとるスタイルです。どんな窓にも合うスタンダードなカーテン仕様となります。
2.0倍プリーツ
オーダーカーテンの仕様として広く普及しているボリュームのあるカーテンです。仕上がりサイズに対して約2倍の生地を使用し、上部に三つ山のヒダをとるスタイルです。ドレープ性が高い美しいウェーブとなるのが特徴です。
プレーンシェード
生地を上下に開閉するスタイルカーテンです。生地が窓の上部に集まるため、縦型のスリット窓や小窓などすっきりと見せたい窓に適しています。

見積もりやプランニング希望の方へ

詳しいご相談をしたうえでご購入の場合や、新築・リフォームなどで複数のカーテンをご検討の場合におすすめです。

ESTIMATE

生地やサイズなどを店舗スタッフと相談しながら検討したいという方は、こちらからご相談ください。

無料見積り・お問い合わせはこちら

IN STORE

実店舗でのコーディネートや採寸のご相談は、全国の提携ショップへお問い合わせください。

お近くの取り扱い店舗を探す

RESERVE

natsusobikuのアトリエでは全ての実物縫製見本をご覧いただけます。ご予約はお問い合わせフォームよりお願いします。

アトリエ来店予約