絞り込み検索


    curtains
    curtains

スズカゼ Suzukaze

伝統技法「近江ちぢみ」の薄手カーテン

近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真 近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真1 近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真2 近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真3 近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真4 近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真5 近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真6 近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真7

ラミー100% / 日本製
¥ 12,000 ( 税別 ) 〜

生地の質感

生地の質感スズカゼ

滋賀県の伝統の技、近江ちぢみ

古くから麻の織物産地である、滋賀県の湖東地域。この地域で糸から仕上げまでの工程を一貫して生産された布は「近江の麻」と呼ばれ、高い品質を誇ります。 スズカゼは、近江の麻のなかでも「近江ちぢみ」という伝統技術によって、生地全体につけられた“しぼ “が特徴的な生地です。 使用している麻「ラミー」は特有のハリと硬さがあるため、シワのつきやすい性質を持っていますが、 そんなシワのつきやすさを活かし、手もみ作業ではじめから“しぼ“をつけ、硬さを和らげたのが「近江ちぢみ」なのです。

生地の質感スズカゼ

からっと、爽やか。清潔感ある日本の麻

“しぼ“の凹凸があることにより肌への密着が少なく、手触りはとてもカラッとしています。 ラミーはもともと日本で取れる麻繊維で、湿度の高い日本の環境にも適した高い通気性や吸放湿性があります。 また、近江ちぢみは糸自体にも強い撚りがかかっていますので、“しぼ “に形状記憶性があり、お洗濯をしても“しぼ “が消えてしまうことはありません。 家庭でも気軽に洗濯ができるため、清潔感を長く保つことができます。 爽やかさのある触り心地の「スズカゼ」は、ヨーロッパのリネンとはまた違った涼しげな風合いで、とても機能的なレースカーテンです。

生地の質感スズカゼ

原風景を感じる、涼しげな風合い

さらりとした触り心地と同時に、見た目も非常に爽やか。特に太陽を光を浴びたときに、この生地の特徴は際立ちます。 光に透けたときには、縦に走る“しぼ “が何ともいえない陰影をつくり出し、まるで水のせせらぎのように見えます。 また、この生地は緯糸のみに色糸を使った「先染め」という作り方をしています。 縦横に走る糸の色差が光によって浮かび上がり、穏やかな風を感じるような、やさしい色合いとなっています。 その涼やかで個性的な表情は、一年を通してお部屋を爽やかな空間へと変え、そこに住む家族の心まで明るくしてくれます。

生地の透け感

透け感ランク

薄く透明感のある生地ですが、光沢感のある生地と“しぼ ” がつくり出す陰影がプライバシー効果を高め、昼間は外からのプライバシーをしっかりと守ってくれます。レースカーテンとしては高い遮蔽効果があります。夕方以降の時間帯も、外からの視線を適度に防いでくれます。ライフスタイルや窓の外の環境によっては、1枚で吊るすのもお勧めしています。

 

生地の色み

近江の麻の縮み織りリネンカーテン商品写真1

和の空間に馴染む、淡く涼やかな色

しろは日の光を室内に拡散させ、明るい空間をつくってくれます。その他のカラーは緯糸のみに色糸を使用しており、さっぱりとした印象。爽やかな風を連想させる、淡く涼しげな色合いです。“ しぼ ” の陰影がどこか懐かしさを感じ、日本の住宅に馴染みます。畳などの和の空間や、表情のある漆喰の壁に良く似合います。

近江ちぢみのリネンカーテン 生地色見本

 

ラミーとは

アジアで使われる最も強い天然繊維

  • 原草となる苧麻(ちょま)は多年生の植物で高温多湿を好み、主な産地は中国・ フィリピン・ブラジルとなっています。また 通気性と発散性にも優れ、熱伝導率が大きいため高温多湿な環境には最適な素材と言えます。
  • 天然植物繊維の中で最も強く、水に濡れるとさらに強さが増大します。ハリ・シャリ感・絹のような光沢があります。

▶︎詳しくは「素材について」

 

製造と縫製 Made in JAPAN

日本で織られた生地

  • 麻織物産地として歴史の古い滋賀、ものづくりが盛んで高度な技術が残る静岡など、すべての生地は日本でつくられています。
  • natsusobikuの扱う麻はとても繊細な繊維のため、布を織ることは簡単ではありません。繊細な麻糸を綺麗に織り上げる高度な技術と、多湿な気候などの環境が整う、限られた産地で製造されています。

日本で縫製した製品

  • 国内の産地で織られた生地は、主に栃木県那須塩原の加工所にてカーテンへと縫製されます。
  • やわらかく繊細で、ゆがみなどが起こるため、高い技術と経験が必要とされる天然繊維のリネンの縫製。長い経験とインテリア縫製に特化した設備が整う専用工場で、職人たちがひとつひとつ丁寧に仕立てています。

How to order

オンラインショップからの購入

ご注文サイズや仕様が明確な方はオンラインショップから、そのままご注文いただけます。1・2窓程度のご購入や、カーテンのオーダー経験のある方はこちらをご利用ください。

オーダー手順を確認する

STEP1.スタイルをご選択

まずはカーテンの上部スタイルをご選択ください。

  • フラットスタイル

  • ワンプリーツ

  • 1.5倍プリーツ

  • 2.0倍プリーツ

  • ギャザープリーツ

  • プレーンシェード


スタイルの特徴について

フラットスタイル
まるで1枚の布をかけているかのような自然体のカーテン。生地の使用量が少ない最もシンプルなタペストリー状のスタイルです。天然素材の持つ魅力的な風合いを最もシンプルに引き出すスタイルです。
ワンプリーツ
一つ山をつまみ、ヒダのボリューム感を抑えたカーテン。見た目はフラットスタイルに近い印象ですが、ヒダをとることで生地が前面に押し出されるのを防ぎます。マンションなどに多いカーテンボックスではこのスタイルがお勧めです。
1.5倍プリーツ
市販のカーテンによく見られるベーシックなカーテン。上部に二つ山のヒダをとるスタイルです。どんな窓にも合うスタンダードなカーテン仕様となります。
2.0倍プリーツ
オーダーカーテンの仕様として広く普及しているボリュームのあるカーテンです。仕上がりサイズに対して約2倍の生地を使用し、上部に三つ山のヒダをとるスタイルです。ドレープ性が高い美しいウェーブとなるのが特徴です。
プレーンシェード
生地を上下に開閉するスタイルカーテンです。生地が窓の上部に集まるため、縦型のスリット窓や小窓などすっきりと見せたい窓に適しています。

見積もりやプランニング希望の方へ

詳しいご相談をしたうえでご購入の場合や、新築・リフォームなどで複数のカーテンをご検討の場合におすすめです。

ESTIMATE

生地やサイズなどを店舗スタッフと相談しながら検討したいという方は、こちらからご相談ください。

無料見積り・お問い合わせはこちら

IN STORE

実店舗でのコーディネートや採寸のご相談は、全国の提携ショップへお問い合わせください。

お近くの取り扱い店舗を探す

RESERVE

natsusobikuのアトリエでは全ての実物縫製見本をご覧いただけます。ご予約はお問い合わせフォームよりお願いします。

アトリエ来店予約