JOURNAL

natsusobiku journal vol.9

Featured this month|今月の特集

伝統×先進。ナチュラルモダンの家
大黒柱のある無垢の樹の住宅。心地よい木の香りが漂うくつろぎのLDKの空間です。自然素材と対称的なモダンな照明やステンレスのキッチンなど、異なる素材を上手く調和させたトレンドのMIXインテリア。窓の周辺のスペースを有効に活用するため、窓枠の内側にカーテンを納めました。すっきりとした印象でナチュラルモダンな内装にも似合います。麻の薄手カーテン越しに映るウッドデッキは、家族の安らぎの場所となることでしょう。

Works|自然素材とステンレスの相性

天然木の床に漆喰や珪藻土の壁など、自然素材へのこだわりを持ちながらも、全く異なる金属的な素材をミックスさせたインテリアは最近よく目にします。ひとつのテイストだけでなく、良いところは積極的に取り入れていく思考はとても日本的だといえるかもしれませんね。今回ご紹介するのもそんなMIXインテリアのお住まいです。ステンレスのキッチンは奥様が特注でオーダーされたそうです。壁面はレンガブロック調のアクセントクロス。それぞれの要素は無機質な印象を受けますが、あたたかみのある自然素材の内装材と組み合わさると心地良い快適な空間となります。書斎スペースとなる造作のカウンター窓には 【アヤ01】のシングルシェード。窓から見えるプライベートな庭には大きな山椒の樹が植えられています。随所に和の要素を感じつつも目新しさもある素敵なお住まいでした。

Topics|桜の落ち葉で草木染め

夏そびくアトリエがある千葉県では紅葉の彩りが美しい季節を過ぎ木々の多くが落葉をしています。春には美しい花を咲かせる「桜」の樹もその葉を落とし暖かい季節を待ちわびています。日本の四季の美でもある「桜」の落ち葉を頂き、この季節にしか体験できない桜の葉染めを行いました。落ち葉からでも可愛らしい桜の花のようなほんのりと優しい色合いのピンク色に染まってくれます。右が染める前、左が桜染め生地です。色の差がお分かりでしょうか?夏そびくのアトリエではこれまでも不定期に草木染め体験を行ってきました。次回は12月20日(水)に麻のハンカチを西洋茜で染めるワークショップを行います。中薄手の麻生地「フォグ」を、X’mas 時期にぴったりの温もりのある朱色に染めて頂きます。2019年は定期的にイベントを行っていきますので是非皆様もご参加ください。

OTHER POST