JOURNAL

natsusobiku journal vol.17

Featured this month|今月の特集

和風家屋ならではの縁側には広々とした窓が残ります。新築住宅では少なくなった、日本ならではの様式は室内と屋外の中間のような、独特な存在感の空間です。今回、平屋住宅のリフォームで選んだのは天然繊維の麻のカーテン。素材の持つ豊かな表情が陽の光を受けて穏やかに浮かび上がります。ツイル織りのリネン生地“アヤ”は大人の女性のカラーを体現した新しいカラーを備えました。上品で光沢感のある見た目は、シンプルな平織り生地とはまた違った魅力を持ち、ヴィンテージ感のある家屋に馴染んでいます。

Note|キリカエカーテンのアイディア

natsusobikuの麻の生地でつくるキリカエカーテン。2種類以上の生地を縫い合わせることでシンプルな麻の素材感に意匠性を加えることができるため、インテリアコーディネーターのお客様に非常に人気のスタイルカーテンです。今回は最近製作したキリカエの事例をご紹介いたします。まずは2色使いのカフェカーテンです。アメツチ10 雪+アメツチ11 山吹を、上下半分の比率にしています。

トップボーダーの2色使い、生成と夜空色のメリハリのある配色で上部はハトメを直接ポールに通すアイレットスタイルです。

いまやnatsusobikuの定番ともいえるスズカゼの3色使い。室内で間仕切りとして使用しました。面積が大きいため白色部分の比率を大きくすることで、見た目の圧迫感を抑えています。キリカエスタイルはアイディア次第で、窓装飾がますます個性的で素敵なものとなります。組み合わせは自由、ますはご相談ください。

Event|作品展のお知らせ

群馬県みどり市にある「Cafe&Galleryねこの時計 」さまの企画展に出展させていただきます。“涼を飾る”をテーマにこの夏の暮らしを彩る「絵」「布」「緑」それぞれの作家が作品を寄せ合います。natsusobikuの縫製スタッフとして協力していただいた縁があり、同じ千葉県から水彩イラスト作家 ハモニコ絵本 さんも参加します。natsusobikuは麻のガーゼカーテンや草木染めのアクセサリ、柿渋染めエプロンなど、暮らしを着飾るリネンの布作品を展示します。夏休みシーズンのこの時期、自然豊かなカフェに是非、足を運んでみてください。

「涼を飾る」展示期間:7月27日 - 8月26日
群馬県みどり市大間々町塩原1522-7 Cafe&Gallery ねこの時計

pdfダウンロード

OTHER POST