JOURNAL

natsusobiku journal vol.14

Featured this month|今月の特集

城下町として歴史のある佐倉市。閑静な住宅街の一角に建てられたこだわりの自然素材の家。構造から仕上げまで木材には千葉県産の杉や桧を使い、調湿効果に優れた珪藻土のなかでも純度が最も高いメソポア珪藻土を壁材に使用。心から空気がおいしいと感じます。開放的なLDKの掃出し窓には、リネンの原料そのままの亜麻色カーテンがやさしく佇みます。光の透過が美しい白色シィアーの先は広いウッドデッキのあるプライベートな庭。木々の葉を通した光が壁伝いに差し込み、自然と繋がる空間を演出します。

Note|リビングに重厚な生成リネン写真

そこに住まう人の暮らしに寄り添い、ともに成長していけるような、上質で洗練された、それでいて木の温もりが感じられる空間。千葉県内でシンプルで上質な暮らしを提案しているインテリアショップTIMBERYARD様の手がけたお住まいです。重厚な【イブキ01 生成】をワンプリーツで仕立た適度なボリュームと存在感のスタイリング。素材にこだわり抜いた住まいの中に、natsusobikuの麻のカーテンが暮らしにさり気ない上質さを与えてくれます。白い珪藻土クロスと無垢の床の内装は余計な装飾を感じず、日々の暮らしの中で自分のリズムを刻んでいくようです。しっとりと馴染んでくれた私たちの麻のカーテンが、時間とともにどのような生活を共にしていくのか―とても楽しみです。6月16日・17日の二日間でオープンハウスも予定しているそうなので良かったら足を運んでみてください。

Topics|新作生地のこと①

先月のジャーナルでもご紹介した、ツイル織りのリネン生地【アヤ】の新色が少しずつ織り上がってきています。新規格での発売開始は『6月14日』とさせていただきます。生地サンプルのご依頼はお早めに営業担当者、または wholesale@natsusobiku.jp まで、ご相談ください。

Topics|新作生地のこと②

一枚吊りに人気の程良いプライバシー性能が人気の中薄手リネン【フォグ】。カーテンはもちろんベッドリネンとしてのご要望も多くいただいています。この度、新色の開発をスタートいたしました。他の生地とのカラーコーディネートを考えた色展開になるのと同時に、今後は寝具も定番アイテムとしてカタログにしていく予定で用意を進めております。natsusonbikuではフラットシーツやデュベカバー(コンフォーターケース)、ピローケース、クッションなど各種製品の製作をしております。現時点でも個別の対応は承っておりますので、細かな縫製の依頼でもどうぞお気軽にご相談ください。アメツチで丸形クッションを製作したものです。 アウトドアウェディングで新郎新婦がご利用になるそうで、ご注文をいただきました。今回の新色はアメツチとの色合わせもできる配色となる予定です。お楽しみに。

OTHER POST